スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PUNKUBOI NEW ALBUM!!!

autotune.jpg

PunkuboiSiNE
『AutoTune』
■CD / 2,100yen (taxin) / WIOC-9723
■Label : WORD IS OUT!
■Release Date:2012.10.24

AMAZON

TOWER
HMV
DISK UNION

永遠のロンリーネスな一人パンクバンド、プンクボイ。そしてダブパンクバンド、SiNEがまさかの合体! そしてまさかのアルバムリリース! しょうもない世界に向けて、広義のハードコアとジャンクを通過したかのようなRAWパンクロックが適当に炸裂する!! でも、どこかポップでファニーです(極私的意見) 

スポンサーサイト

Punkuboi Information 2013

((((( Live )))))

2013年4月12日(金)  小岩BUSHBASH
『COPSDARTS』
w/FOLK SHOCK FUCKERS、The POPS、ED WOODS、
CLASICKS、kumagusu
■open 19:00/start 19:30
■adv1500yen / door1700yen(+1drink order)
*プンクボイシネとしてはラスト・ライブ
 








((((( Just Fuckin Noise )))))

PUNKUBOI TWITTER


((((( Others )))))

『METEO NIGHT DVD』
2010.08.03 OUT!!!
Less Than TV/ch-70 / 1050yen(in tax)
METEO_DVD_jacket
『LIVE AND THE EVIL TELEPHONE Vol.2』収録の
駒沢通りゲリラライブの別バージョン収録!


2010年5月30日(日) PM8:00~8:30

 『Live Music Show CAPTURED LIVE!』 (VINCENT RADIO)

MP3 ARCHIVE

SMACK (WEB MAGAZINE)
INTERVIEW


((((( Now On Sale )))))

Breathing OK
(CD-R/PRE-001/2007.4.8発売)
BREATHING-OK.jpg 
全19曲収録  定価:1200円(税抜)
*売り切れ/廃盤

LIVE AND THE EVIL TELEPHONE Vol.1
(DVD-R/PRE-002/2008.8.17発売)
punkudvd000
●約30分収録(特典映像あり) 定価:1000円(税抜)

LIVE AND THE EVIL TELEPHONE Vol.2
(DVD-R/PRE-003/2008.12.12発売)
PUNKUDVD2
 
●約40分収録 定価:1200円(税抜)

■通販ご希望の方は、お近くの郵便局で払込書をもらい(局員さんに訊けばわかると思います)、 郵便振替で、【00100-1-259996  加入者名・レコーダー】に商品代金分(税・送料サービス)を振り込んで下さい。 なお入金からお届けまで10日から2週間みて下さい

★主要取扱店(在庫の有無は各店に直接お問い合わせください)
ディスク・ユニオン タコシェ(中野)  円盤(高円寺)
RECORDSHOP BASE(高円寺)  バサラブックス(吉祥寺) 
 
模索舎(新宿)  PERCEPTO MUSIC LAB(静岡) 
NGOO USELESS SOUND PIT
(四日市)   RECORD SHOP ANSWER(名古屋)
PLASTICA
(福岡)

すべての問い合わせはこちらからどうぞ  

↓各商品の詳細は下の「続きを読む」をクリック


続きを読む

PUNKUBOI VS AMERICO!



6月19日の高円寺円盤でのセッション。リハでは感想もサビも無視して、アメリコの西岡さんに突っ込まれてました。
歌い方が確実に身も頭も持ち崩したロックンローラー!

サイコボイ(from Deernibus)

ベース弾き語りパンクスタイル@高円寺円盤071230
スピッツオイルとパトリック・フィッツジェラルドに捧ぐ(勝手に)

ROCK 'N' ROLL FREAK SHOW 20071215

久しぶりアップ! 今後、次々アップロード予定!...か?

取扱い開始

更新情報が遅くなりましたが、究極のNO WAVE MUSIC(NOは否定ではなく、なにもないという意)が新宿の模索舎さんにて取扱い開始!

プンクボイ雑誌掲載情報

sv0706_220.jpg
今日発売の『スタジオ・ボイス』の6月号にプンクCD-Rのレビューが載っています。
だからといって、ヨイショするわけではないですが、映画特集内での『追悼のざわめき』『ゆきゆきて神軍』『A』など、個人的フェイバリット映画のプロデュースをしている安岡卓治インタビューは面白いです。氏の仕事には遥か遠くかなわないまでも、
数々の発言は自主でモノを作ってる端くれとして、改めて感銘を受けました。

取扱店追加3

本人が先だっての北海道ツアーで何枚か置いてきたみたいで、
札幌のBAR十蘭堂でも取り扱いしてる模様です。
よろしくお願いします。

4月7日から8日

07-04-08_20-42.jpg

商品置いてきました。

一応、上の取扱店では全部並べられてるはずです。家に数枚残るのみですが、今週末には再出荷分上がる予定です。あと、ロマンポルシェ。の北海道ツアーで本人自ら物販予定です。先ほど吉祥寺で会って渡してきました。よろしくお願いします。

ミドリのセカンドを聴く。以前、ロフトでロマンポルシェ。やDMBQと対バンしたときにやっていた(と思う)「声を聞きたいのですが聞こえないのです」がいい。
以前、石黒さん(キミドリ)がケラの「ホワイト・ソング」をペーパークリップ・ピープル(カール・クレイグ)の「THE CLIMAX」になぞらえていて、その鋭さにしびれたけど、ミドリのこの曲も少なくとも僕にとってはその系統に入る。どこかに連れてってくれそうなんだけど、結局はどこにも行けなくて元のまんまでしたみたいな曲。
プロフィール

RECORDer

Author:RECORDer
PRE//SILENTNOISE主宰者。
RECORDer編集長。
ひとりE.A.R.(永遠に丁稚)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter...A

PrecordeAr < > Reload

リンク
RSSフィード
Category Bar Graph
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。