スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRE:PRE//SILENTNOISE

playing md
プレ//サイレントノイズというレーベル名がかっこいいのか悪いのかはわからない。

その由来は上で告知したCD-Rに収められている、某大学の学園祭ライブの現場にいてあれこれ見たり怒ったりやったりしたあと、恐ろしく疲れて家に帰って同録MDを聴いたときだった。プレイヤーにセットし再生すると、さっき現体験したあらゆるノイズが10分間展開され(CDに収められているのはその一部)、終わると「シャー」というスキップ音が鳴り、今までのことがなかったように、部屋の中に静寂が訪れる。
そのときだ。野坂昭如が「終末のタンゴ」で歌ったように、あらゆるものはいつかは終わる。すべては静寂になる前の音に過ぎない。過ぎないのだが、その静寂に漂うかすかな余韻が好きで音楽を聴いてきたのだ…なんてことを突然考えたのだ。その刹那「サイレントノイズ」という言葉が急に浮かんできた。
そしてトクさん(プンクボイ)と音楽の話をするとき、キム・フォーリー、キャプテン・ビーフハート、シルヴァー・アップルズといった名詞に被せる「プレ・パンク」という言葉も同時に思い出し、「静かな音になる前ってなんかいいなあ」と思い、そのままくっつけてレーベル名にしてしまったのだった。まあ、ここだけの話、かなり後付けだったりするのだけれど。

ともあれ『Breathing OK』は僕が初めてディレクションした「静寂になる前の音」だ。
まあ、一言で言うと入ってるのはエレクトロ・ポップとローファイ・パンク。そういう意味ではノー・ウェイブ? どっちにしろどこか治まりが悪い、この上なくイビツな音楽。でも閉じていない、むしろポップ。ディレクターである僕が言うのもあれだが、なんじゃ、これ?

『スタジオボイス』誌の「アンチ・ロック特集」で、中原昌也氏がザ・フォールに対して「音楽性に言及される前に、音楽を放り投げている感じ」「どこに括られても違和感があるのはマーク・E・スミスのコンポーズが何も説明しないからです」という発言をしているが、まさにそんな感じ。
裏ジャケのデザインをやってくれたSさんは本作を聴いて「いったい何に影響を受けてるんですかね? もはやスーサイドでもないし」と言ってたが、以前、僕も同じことを思って「プンクボイの音楽って、なんなんですかね?」と本人に訊いたことがある。すると神妙な顔をしてあごに手をやりながら「なんなんだろうね。パンクつうかロックンロールつうか、それを打ち込みでやってみたんだと思うよ。でも、いったいなんなんだろうねえ…」と、答えになってるようで、最終的に何の答えになってないセリフをのたまったのだった。

もう、なんでもいい。音楽なんてそんなもんである。他人の耳にプンクボイの音が入ったら、単純に「わからない」でも「いいな」でも「やだな」でもいいから、三半規管に残ればいいなと思ったりする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RECORDer

Author:RECORDer
PRE//SILENTNOISE主宰者。
RECORDer編集長。
ひとりE.A.R.(永遠に丁稚)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter...A

PrecordeAr < > Reload

リンク
RSSフィード
Category Bar Graph
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。