スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生演奏、賛成と反対の狭間

「生演奏絶対反対!」
唐突だが、そういう気分になることがある。バンド演奏がダメだと言っているのではない。それをいったら、僕の聴いてる音楽の半分ぐらいは消えてなくなる。問題はテクノとかハウスだとかヒップホップだとか、打ち込みやサンプリングで成立されている音楽で、それを成長とか拡張とか御大層な主張のもと、安易にそれをされるのが一番腹立つのだった。
まあ、過去の話かもしれないし、御大層なこともいってないかもしれないけど、アズ・ワンとかムーディーマンとかセオ・パリッシュとか。あと、一時期出てきた人力ナンチャラとかジャムバンドだとか。
もちろん、いくつかの例外はある。ジェイ・Zとザ・ルーツが『MTVアンプラグド』でやったやつはよかった。BON-BON BLANCO(特にファースト・アルバムが出るまで)も、その範疇に入れていいのか? あとneco眠るが二階堂和美とやったDODDODOのカヴァーはよかった。あとはなんだろ……ホントにパッと出てこないなあ。
とにかく、そのうえで言わせていただきますが、有史以来「人力」と名のつくものがよかったためしがあるでしょうか?

いえ、全くといっていいほど、ありません!
そのほとんどがマニュピレーティングされて出来た異様なものを、生に変換されることによって平凡なシロモノへと成り果てていく過程をわざわざ見せつけているに過ぎない。なんで、そんなもんに金払わなきゃならんのか。

このスピーチ・デベルのレコードも、平たく言えば、生演奏で構成されているヒップホップだ。僕からすれば大げさに言うと敵性音楽の類いだ。でも、これはすごくいいと思う。
なぜならば、本作は音の要素がなにか一つ足りないからだ。これにシンセでもブラスでもなんでもいいが、一つ何か音が足されてると、どっかのジャンルに落っこちると思うんだけど、これには声と必要最低限な楽器の音しか入っていない。だからこそ、この音楽は奇跡的にまで折衷的だ。ソウルでもありファンクでもありダブステップでもポップスでもありうる。そして、この「折衷」性はヒップホップの本質でもありうる。
あと、本作の魅力は余白にある。余白というと、イマイチわかりにくいかもしれないが、絵やデザインだったら、白の部分、無地の部分、何も描かれていない部分。この音楽を鳴っている空間が10だとしたら、音の部分は3つか4つぐらいで、あと余白。そこで鳴ってる残響が素晴らしく良い。

僕は本作をレコード屋で試聴して買っただけなので、このアーティストのことは何も知らなかったのだけれど(帯の説明さえもまともに読んでなかった)、スピーチは元ホームレスの女性だそうだ。もちろん、歌詞はその体験上のことが書かれている。でも、その余白のせいか、スピーチのラップともスポークンワードともいえない声(もその魅力のひとつだ)は、人種も境遇も国も違う、こちらの身(僕だけに限らず世界中の誰にとってもそうだろう)にもスッと入ってくる。
言いたいこと、訴えたいことはある。でも、それで誰をことさら喜ばせようとも泣かそうとも思っていない。感動や同情さえも求めない、ただただそこに在るだけ。
ライナーノーツによれば、スピーチは2パックに衝撃を受けたようだけど、それを読んだ時、最近、中古で買った、2パックが死後にマキャヴェリ名義で出したアルバムの1曲目のイントロに入っている、野太い声と銃声を真っ先に思った。

speech
Speech Debelle
『Speech Therapy』

(Big Dada BDCD137/Beat BRC-249)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RECORDer

Author:RECORDer
PRE//SILENTNOISE主宰者。
RECORDer編集長。
ひとりE.A.R.(永遠に丁稚)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter...A

PrecordeAr < > Reload

リンク
RSSフィード
Category Bar Graph
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。