スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文末はすべて「素晴らしい」

02mavis.jpg  MAVIS『Mavis』(!K7 !k7249CD)

アシュレイ・ビードル──その名を聞いて、どれだけの人が反応を示すのだろうか。

少なくとも、僕にとっての彼は、X-PRESS 2の、バリスティック・ブラザーズの、ブラック・サイエンス・オーケストラのメンバー。そして、デリック・メイの「ストリングス・オブ・ライフ」のリミキサーだった。かつて、彼が契約していたネットワーク・レコードが、アーティストに無断で10thプラネット名義で出しちゃったもんだから、デリックが怒りまくった、いわくつきのアレだ。まあ、デリックはレーベル側には怒りの矛先が向いても、ビードルの方は擁護してたんだが。それはともかく、ハッキリ言ってしまうと「過去の人」だった。

でも、スタップル・ブラザーズのメイヴィス・スタップルに感銘を受け、新しく始めたというプロジェクト、メイヴィスのアルバムは本当に素晴らしい。
僕にとって、ソウルは中古でコンピが安かったら聴くような感じで、正直、スタップル兄弟やSTAXなどの名は知っていても聴いたことはない。でも、このアルバムは本当に素晴らしいし、ビードルが本作を作るにあたってインスピレーションを受けた曲で作られたDJミックスもまた素晴らしい。

MAVIS – Ashley Beedle Inspiration Mix
MavisMixtape by !K7 Records

1. Rev. Jesse Jackson – Introduction of Aretha and Mavis Staples by Rev. Jesse Jackson  2.The Staple Singers – I Had A Dream  3.Mavis Staples – Keep On Pushing - LP Version  4.Curtis Mayfield – Suffer - Demo Version  5.Lambchop – Give Me Your Love (Love Song)  6.John Coltrane – My Favorite Things - LP Version  7.Michael McDonald – Love T.K.O. 8.Mavis Staples – A House Is Not A Home  9.Betty Mae Fikes – Up Above My Head

キャンディ・ステイトン、エドウィン・コリンズ、ケリス・マシューズ、セイント・エティエンヌのサラ、ラムチョップのカート・ワグナーといった歌い手の人選しかり、フィフティ・フット・ホースやホワイトノイズみたいな電子サイケにも通ずるようなダブ・エフェクトが絶妙に織り込まれたアレンジしかり、本当に素晴らしい。このアルバムには80年代の初頭からDJを始め、アシッド・ハウスを通過する傍ら、「レア・グルーヴ」という概念を打ち出したノーマン・ジェイのラジオ番組に耳を傾けていたという、ビードルならではの音楽体験が確実に反映されていると思う。

それにしても、さっきから文末を「素晴らしい」という形容詞にしか落とし込んでいない気がするが、そのついでに言ってしまえば、特にその至高の瞬間は10曲目から11曲目にかけて訪れる。シェリン・マクネイルの歌が終わり、そのまんまストリングスがエフェクトをかけられ、その残響音が消えかけると、そのまま次の曲が始まり、エドウィン・コリンズが歌いだすのだ。特別、僕はコリンズのファンではないのだが、前述したようなアレンジで「♪I'm feeling lucky/I'm feeling good/I know worth it」なんて歌われて、スラッシュで区切られたところに「♪Sha la la la」なんてコーラス入れられた日にはねえ......。

とにかく、この部分があまりによくて、普段でも、それが不意に脳内でループする。その響きは甘く多幸感があるが、同時に苦みも一緒くたになっている気もする。それを人はソウル・ミュージックと呼ぶのかもしれないけど、僕はむしろ、ビル・ドラモンドとジミー・コーティーという、恐ろしく直情的でバカなパンクス2人とその仲間が、牧場で寝そべる羊たちの写真のもとに作った音楽を思い浮かべる。本作とKLFの『Chill Out』の共通点は、
過去の音楽を自分なりにトリートメントした際に生まれる「音の響き」にあると思うからだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RECORDer

Author:RECORDer
PRE//SILENTNOISE主宰者。
RECORDer編集長。
ひとりE.A.R.(永遠に丁稚)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter...A

PrecordeAr < > Reload

リンク
RSSフィード
Category Bar Graph
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。