スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜と朝のあいだに、朝と君と

Choujamachi3_20100318235632s.jpg
ミスターメロディー/YAKENOHARA/タカラダミチノブ
HEY MR.MELODY Presents CHOUJA-MACHI SATURDAY MORNING』
(TIME PATROL TR-001/2010.4.28 OUT)


MOVEの扉の前でキャッシャーをやっていた、やけのはらがまだクラブ歴が浅いらしい、知り合いの女の子に、こんなことを話していたのを聞いたことがある。
「朝からがまたいいんだよ。だから、それまで絶対いてよ」
字面だけ見れば、少し口説き文句のようにも思えるが、僕は横にいて全くその通りだなと思った。

HEY MR.MELODY〉は、ミスターメロディーこといしかわてつや、やけのはら、タカラダミチノブのレジデントDJと月変わりゲストにより、横浜・伊勢佐木町のBar MOVEで第2金曜日に行われている、間もなく8周年を迎えるパーティーである。そして、本作はその3人のレジデントDJによるオムニバス・ミックスCDだ。

普通は夜を楽しみ、朝帰る。でも、このパーティーに関しては少し違うようだ。仕事の都合や横浜から遠く離れた埼玉に住んでいることもあり、年に数回しかこれには行けないせいが、僕がその魅力に気づいたのは、かなり遅かったと思う。

夏だったと思うが、その日はとにかく疲れていて、テーブルの上でいつの間にか寝てしまった。起きたら、もう朝だった。ゲストDJの持ち時間はとっくに終わり、ブースではMR.MELODYがフュージョンっぽいディスコをまわしている。ふと左を向くと天窓から日が差し込み、ほこりが光に反射して輝いている。フィリー・ミュージックと真夏の光線。寝起きでボーっとしているせいもあるが、天国とまではいかないが、それは現実が見せる極上の光景だったように記憶している。それからというもの、このパーティーでは、時間が深くなったら、何の躊躇もなく寝て、朝に起きてラストまで...という、とんでもなく間違った夜を過ごすようになったのだった。

本作が、夜ではなく朝をテーマとしたのは、BAR MOVEが図らずも演出する、その極上の光景にあるのだろうと思う。そして、なにより3人が思い思いにミックスする、少しゆるめの音楽──
「朝からがまたいいんだよ。だから、それまで絶対いてよ」
〈HEY MR.MELODY〉は夜と朝のあいだのために行われているのではない。いや、もちろん、そういう部分もあるのだが、むしろ、朝と君と。それを迎えるためにあるのだ。このパーティーのフライヤーのアートワークを手がける菱沼彩子によるジャケットにくるまれた本作は、その朝を改めてフラッシュバックさせる極上のブツである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RECORDer

Author:RECORDer
PRE//SILENTNOISE主宰者。
RECORDer編集長。
ひとりE.A.R.(永遠に丁稚)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter...A

PrecordeAr < > Reload

リンク
RSSフィード
Category Bar Graph
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。