スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その音は混信してしまいました、とばかりに不協和音として鳴り響く

アシッドハウス、ジャングル、インテリジェント、アンビエント、ガバ、ジャングル~ドラムンベース、ディープハウス、ゲットーハウス/ベース、ダブステップ、そして、それらと連動して生まれた様々な呼び名のサブジャンル。すっごい大雑把に言ってしまえば、今あるダンスミュージックはシカゴハウスとデトロイトテクノから始まった。そして、ジュークもまたシカゴのゲットーハウスがフットワークというダンススタイルと共に発展した、その枝葉末節の一つである。

しかし、である。本作に収録されている「Orbits」という曲を作ったDJ Tホワイとかいう奴、お前ちょっと出て来い! 別に怒ってるのではない。なんかうれしいのだ。とにかく、この曲がダンスミュージックの文脈をかき乱すかのようにトチ狂っているから。

まず、ヒップホップ・クラシックである、ESGの「UFO」がループされ、そこにブーンとベースラインと、あのドタメタしたリズムがそこに被る。まあ、そこまでは普通…かどうかは知らないが、ジュークの定理には忠実ではある。
しかし、曲が進むうち、クラシックみたいなストリングス音が入ってくるのだ。しかも、曲のコードとは全く関係ない。その音は混信してしまいました、とばかりに不協和音として鳴り響くのであった。ダンスミュージックというよりも、構成要素こそ違え、まるで初期ナース・ウイズ・ウーンドの曲のような不条理感あふれるぶった切りノイズ/コラージュ感。あのう...あんた、これ、どういうつもりで作ってんの? 

──と、こんなところで日本語で書いても、本人から答えなど返ってくるわけないので、手前勝手に結論づけると、これこそジュークという音楽の醍醐味なのだと思う。

前記したようにこのジャンルはフットワークというダンススタイルと連動したものだ。このダンスについて、個人的にはユーチューブと本作の店頭宣伝用のDVDしか観たことがないのだが、リズムとベースラインと同時にウワモノでも拍子を取ってるのではないかと。つまり「Orbits」での不協和音はよりダンサーを踊らせるよう挑むものなのだ。それは言うまでもなく、人の体を揺らせるだけの普通のダンスミュージックとは全く違う進化形の音なのだと思っている

話はずれるのだが、ジュークのルーツであるゲットーハウス、いや、これに出会った94年頃には主にシカゴアシッドと呼ばれていたか。とにかく、このジャンルに対してのDJやライターの評は「DJ用の部品であり、ミックスされることによって進化が発揮される。単体で聴いても意味ない」というものが大半を占めていた。

♪ファック、サック、ビッチ、ドン、チー、ドン、チー。

しかし、少なくとも僕は、今から思えば何を使って印刷したのだろうとも思える、ドットの粗い文字ラベルが貼られた12インチに刻まれた「部品」に、音楽というものが持つ根源的な魅力を感じていたのだ。当時、最も有名だったテクノ系フリーペーパーであり、シカゴアシッドを多く取り上げていた
『デジタル・ビスケット』はその8号(94年10月発行の記事でこう書いている。

最近、本誌の大好物ジェフ・ミルズ(来日迫る!)やシカゴアシッドについて「DJ用の『部品』じゃん」という見解が出ている。ま、そーゆー見方もあるだろ。しかし、「部品」を「音楽」とカン違いして聞くような異常性が、われわれテクノファンには絶対に必要だ。かつてクラフトワークやハウスが登場した時も、啓蒙家たちはそれらを「キワ物」「道具」と片付けようとしたのだ。その愚行を繰り返すな。未来の耳を持とう。
 
DJ Tホワイだけではない。トラックスマン、DJロック、DJラシャド、ヤング・スモーク、DJスピン、DJネイトといった連中が作り出す音はまさに未来の...。僕はシカゴに行ったこともなく、フットワークダンサーでもない。ましてやDJでもない。ゆえにただただその勘違いから来る歪みにこそ痺れている。

お仕着せの言葉を当てはめて悦に入る啓蒙家なんて心底どうでもいい。いや、文脈というものでさえどうでもいいのかもしれない。これはまぎれもない「音楽」なのである。ジュークは未来の耳を持った、もしくは持とうとしてる者を前にして、その真価を高らかに鳴らされるのだ。

bangwaorks2.jpg
V.A.
『Bangs & Works Vol.2: The Best Of Chicago Footwork』
(PLANET-MU/ZIQ310CD)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RECORDer

Author:RECORDer
PRE//SILENTNOISE主宰者。
RECORDer編集長。
ひとりE.A.R.(永遠に丁稚)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter...A

PrecordeAr < > Reload

リンク
RSSフィード
Category Bar Graph
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。