スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声と音、ステージングにたくし込まれた毒気と違和感

1984年11月に千葉で結成。ケラが主宰していたナゴム・レコードを中心に何枚かの音源を発表。そして91年頃に自然消滅に近い形で解散した女性3人組、クララ・サーカス。僕がその存在を知ったのはその解散した頃ではないかと思う。当時ロフトが出していたビデオマガジン『ルーフトップ』のシリーズに、「オール・ザッツ・ナゴム」という巻があり、その中で数十秒だけだがライブ映像が流れたのだ。ケラの紹介ナレーションがかぶさるのでよく聴こえなかったのだが、ピアノの旋律と声、そして「♪つ~いた」という歌詞の語尾がとにかく印象的だった。

それから何年か経って「ミス・フラワー・バイシクル」という7インチEPをデッドストックの新品で買った。ニューウェイヴっぽいポップななサウンド(ザッとしているが当時はそんな気がした)好みだったが、その「♪つ~いた」は入ってなかった。それから、また数年経って発売された『ナゴム・ポップスコレクション』にも「♪つ~いた」は収録されてなかった。そして、いつしかその曲の事は忘れてしまった。そして、クララ・サーカスを知って20年以上経った今、活動当時のライブテイクや映像をCDとDVDにコンパイルした本作で、やっとその曲に出会えたのである。

タイトルは「ルンペンとラプンツェル」。ちゃんと聴いたそれは期待に違わぬ名曲だった。トモコによるピアノ。ミンコによるバイオリン。そしてユミルの高音ボイス。そしてライブ録音ならではの空気感も相まって、それらが織りなす簡素な響きに改めてやられてしまったのだった。ちなみに同じナゴムのたまの知久寿焼もカバーしていたらしい。

発見はそれだけではない。「ぼくは手ぶらで世界の果てまで」や「Epic」といった、その他の未発表曲(デモ音源などではあるかもしれないが)の素晴らしさ。楽曲の一部のプログラミングが、アニメ『キルミーベイベー』の劇伴仕事で、その健在ぶりを示したエキスポの山口優と松前公高だったこと(調べてみたら一連のクララ作品のレコーディング・エンジニアもやっていた)。そして何より特筆したいのが、前述したようにニューウェイブ上がりのネオアコだと勝手に思ってたクララサーカスは、実はまぎれもないパンクバンドそのものだったということだ。

あくまで、ピアノとバイオリン、そしてシーケンサーとの同期演奏。ギターとベースとドラムが騒々しく鳴るわけでも、叫ぶでもわめくでもない。だが、ピアノやバイオリンの旋律に対して、平然と音程がずれて行くユミルのボーカルなどに見られる、(本人たちも自覚している)不協和音の要素やその歌詞はもちろんのこと、DVD収録のライブ映像で見られるように、彼女たちが演奏者として醸し出している毒気が、パンクと同質の何かを放ってるのだ。特にNG&MCチャプターでのユミルの言動はそれを思わざるを得ないほど、自ら以外の他者や世界に対する違和感からくる苛立ちに満ち満ちているように思える。

とはいえ、クララ・サーカスが醸し出していた毒は決して時代を超えることがなかったように思う。僕は子どもだったから、1985~91年という時代の背景なんてのは知る由もないのだけれど。しかし、ユミルこと西岡由美子が90年代後半に岸野雄一ら京浜兄弟社系の面々と結成したサイケデリック・ロック・バンド、ザ・レスト・オブ・ライフや、ボーカリストとして参加した第2期ナスカ・カー。そして現在、ギター&ボーカルをつとめる自身のリーダーバンド、アメリコ!といったクララ消滅以後の活動は、それぞれの音楽性こそ違え、その声と音、ステージングにたくしこんだ言いようのない「違和感」と「毒気」だけは今もまだ放たれているような気がしてならないのだ。

klala.jpg
クララ・サーカス
Klara Circus LIVE 1985-1991
(Pedal/PDL-1201~2)





プンクボイが共演だったため観ていた、2009年9月5日/なんばベアーズでの超ナスカ・カーでの西岡由美子。バックのメンバーはオリジナルメンバーの中屋浩市、アシッド・マザーズ・テンプルの河端一、スズキジュンゾなど。ちなみに河端は以前やっていたバンド〈えろちか〉で、クララ・サーカスとともにナゴムのオムニバス『おまつり』に一緒に参加していた縁がある
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RECORDer

Author:RECORDer
PRE//SILENTNOISE主宰者。
RECORDer編集長。
ひとりE.A.R.(永遠に丁稚)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter...A

PrecordeAr < > Reload

リンク
RSSフィード
Category Bar Graph
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。